自分責めをしてしまうママへ②あなたはもう許されている

一生懸命子育てをし、疲れている中での家事や育児、夫のお世話までし、気付いたらこどもを責めてしまっているママ。そんなママの心が暖まるように。そして、ママにとって大切な何かに気づけるヒントになるように書かせて頂きます。

いつもお読み頂きありがとうございます。

Family Partnersの菅原です。

先日、深夜にTVで放映されていた番組を見て、涙が止まりませんでした。涙涙で、嗚咽を漏らしながら一人泣きました。それだけ愛が詰まった番組で、母の気持ち、こどもの気持ち、家族の気持ち、そんな気持ちの詰まった愛の物語です。

ご紹介させて頂きます。

ママもう泣かんといてな

(yTVより画像と内容を引用しています。本編をご覧になりたい方は、yTVまでアクセスして下さい。この番組を制作されたyTVとスタッフに敬意を込めて引用させて頂きます。  ⇒ ママもう泣かんといてな )

このTVの主人公

『酒井響希くん』

ytvより引用

知らない方もいらっしゃると思うので、少しだけ説明を。

酒井響希くんは5人家族。

お姉ちゃんと妹がいる3人兄弟の真ん中の甘えん坊です。

『希望を響かせるように』という想いで名前が付けられています。

突然の病

ある日突然響希くんに病魔が襲います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20190529_111120.jpg です

響きくんが一歳半の時に『両眼性網膜芽細胞腫』という小児がんになります。

ytvより引用

ご両親は、響希君の視点が合わない事に気付き、病院で検査の結果、目の癌だと言うことが分かります。

  

1歳半にして、眼球を取らないといけない事を知り、ご両親は、光を失わせたくない、眼球を絶対に取りたくない。

そんな想いで、抗がん剤治療を受けます。

抗がん剤の治療も効果がなく、2歳の誕生日を迎えます。

もしかしたらこれが最後の誕生になるかもしれない。

医者からは、

「育てるわけじゃないから、勝手なこと言えないけど、お母さん今なら絶対に命助けられるから、だから取って下さい。」

       

       

  

そして、ご両親は響希くんの両目を取ることを決断します。

  

  

  

どんな想いでご両親は決断したか、どれだけ苦しかったか。

どれだけ自分を責めたか。

   

  

2歳で両眼球摘出の手術を受け、それ以来全盲になります。

当時の様子として

「私は両眼を取りたくなかったので…何もしてあげられなかったという絶望感しかなかった。

(響希君は)ちょっとしたことでパニックになって、何時間でも泣き続ける。

私生活すべてができなくなったので、イチから手で触らせて、お風呂はこうやって入るんやでと、ひとつひとつすべて教えていった状態でした。」

   

希望の言葉


そんな中、お母さんは泣いて泣いて、家族は暗い雰囲気の中で過ごしていました。

響希くんを外に出すことも拒んで、人に見られるのが辛かった。

絶望と不安しか無い日常が続きます。

見えない食べ物を口に入れるのも嫌がり、情緒も不安定で、

お母さんは自ら決断したことを責め続けます。

   

   

そんな母を救った言葉が

「ママもう泣かんでいいよ。ぼく何でもできるようになるから。」

ytvより引用

こんな小さな子に気を遣わせてた

「申し訳なかった」

お母さんは気持ちを切り替えます。

響希くんは目が見えなくなって、お母さんの声をよく聞いていたようです。

それ以来、人目を気にせずお母さんは、外出をしたり、響希くん写真を取り始めます。

音楽との出会い

3歳になった頃、音が気になり始め、到る所をマドラーで叩きまくります。

  
 

「テレビも1台壊されたんです、液晶を割られて」とお母さん。

 


  
そして3歳の時、ドラムと出会いました。

ytvより引用


「すごく大きい音で楽しかったです。すごくたくさんの太鼓がある気がした」(響希くん)

    

  

出会いは突然訪れる

 

小学1年生の時のこと。

 

家族といったライブで、Def Tecの演奏の迫力に感動します。 

 

そして、知人を通じて行ったDef Tec楽屋で思いがけない言葉をかけられます。

  

 

「4年後、待ってるよ。Def Tecのバンドで」

 

  

ytvより引用

Microさんが言います。

 

Micro「この子にどうしてもspotを当てたかった。」

  

それ以後、響希くんはDef Tecのライブの度に参加し、

響希君の中でDef Tecの存在がより大きなものになります。


響希くん「4年後に一緒にセッションしようと言われた時に夢を与えてくれたと思いました。明確な夢が持てなかった僕に、夢を与えてくれた大親友です。」

     

 

約束の夏 大阪

ytvより引用

響希くんは約束の場所でドラムを叩きます。

  

『音楽』 Def  Tec(クリックするとU-tubeで聴けます)

人の心を結ぶのが音楽 傷ついた心を癒やすのも音楽

言葉の壁乗り越えてゆく音楽 目にはみえない偉大な力 

それが音楽

 

始まりはきっと恐れる心を 打ち砕く為に吠えた叫び

それはやがてみんなの帰りを 無事と祈り待つ母の願い

   

ほら顔を上げて見てごらん 全てが輝き出す

実はこんな素晴らしい世界に生まれたんだ

  

  

  

そして、響希くんの最後のあいさつです。

「きょうは、こんな素晴らしい舞台に立たせて頂いてありがとうございました。

 

そして4年前にDef Tecと約束した事を今日叶える事が出来てすごく嬉しいです。

 

又、いつか、おおきな舞台に立つことを夢見てがんばります。

 

そして最後に、

 

ママ今まで僕を育ててくれてありがとう

 

僕は僕に生まれてきて良かったです。

ytvより引用


これからもプロドラマーとして一生懸命生きていきます。

ママもう泣かんといてな。

ytvより引用

響希くんがなぜ、

ドラムをこれほどまでに一生懸命練習したのは分かりましたでしょうか?

菅原は思うのです。

泣いて泣いて泣いているお母さんを笑顔にしたかった!

 

響希君のお母さんの愛情が

ドラムをここまでうまくさせたのではないでしょうか?

いかがだったでしょうか?

お母さんの愛する気持ち、響希くんのお母さんを愛するきもち、

家族の愛、繋がって広がっていく愛、

愛って広がっていくものだと私は信じています。

あたりまえのありがたいもの

おかあさんがこどもを愛する事は当たり前かもしれません。

こどもを育てる事も当たり前かもしれません。

怒ってしまう事も当たり前の事かもしれません。

そんな当たり前の中に、こんなありがたいものがある事を、

どうか気付いて、お互いに伝えあって、当たり前を

ありがたいものにしていきましょう。

最後に

家族のなかで紡がれている想いって、分かりにくくて、目に見えたり、いつも感じる事ができれば良いのだけど、それはなかなか難しいですよね。

只、お母さんに気付いて欲しいのは、

あなたが愛しているように、もしくはそれ以上に

こどももあなたの事を愛していること。

あなたのこどもがあなたの前に居る事は、

あなたを苦しませようとしているのでなく、

あなたを笑顔にさせよう、

きっとあなたを喜ばせようとしています。

そんな風に気付いていけるように、

どうか笑顔でいてください。

もうそんなに責めなくていいから。

あなたは許されてるから。

だってこれだけ愛されているのですから。

ママ もう泣かんといてな
~12歳 全盲ドラマーが奏でる‘音の世界’~ytv

素晴らしいあなたの潜在能力や生い立ちから学んだ価値観を

3兆9億通りの分析学を使って知ってみませんか?

ご自身の事が分かると、こどもやパートナーの気持ちが分かるようになり、

家族が癒やしの場になります。

 

あなたがあなたを丁寧に扱えるように、あなただけの取り扱い説明書作りませんか?

ご自身の取説を作ると、

・自分の性格を客観的に知る事により、自己コントロールが出来るようになります。

・自分の能力適性から、今のお仕事が向いているかどうかが分かります。

・自分の性格・能力的な強み・弱みが分かります。

・自分の潜在的な能力を知ることが出来ます。

・自分の事を知ることにより、自分の陥りやすいパターンを学べます。

・自分の強みを知り、強みを活かす方法を知れます。

・自分のエネルギーの浮き沈みが分かる事により、人生のタイミングを選択出来る様になります。

・セッション後、エネルギーが満ちた事が分かります。

人生の転換期の方、ビジネスを更に発展したい方、

パートナーシップを良くしたい方、

ご自身の取説を作って、人生をより良くしてみませんか?

セッションを受けた方の声は↓

お客様の声

・占いと違う所。(統計学によるビッグデータよりあなたの情報を抽出します)

・溝口式分析学は、溝口耕児がアメリカで修得した分析学 です。

・過去の膨大な人間の行動パターンを元につくられた行動心理学のデータと、

生誕時間 ・ 生誕場所のプロファイリングデータを融合したものになります。

・溝口式分析学は、クライアントへの分析アドバイスを行いながら、分析結果を検証し、日本の国民性や社会性に合わせて調整したものが【溝口式分析学】です。

・溝口式分析学を活用されている一部上場企業・優勝したプロ野球チーム等、様々な所で活躍しています。

そんな分析学で、

ご自身のトリセツを作ってみませんか?

大阪梅田のインターコンチネンタルホテルで、

セッションをしています。(遠方の方はZoomで)

お申し込みはこちらから↓

個人セッション

親子関係・夫婦関係を良くしたい、笑い合いたい、成長したい方!!

是非是非お友達になって下さい。

 

【お友だち募集 Line@始めました。】

*分析に関してのご質問はこちらでも受け付けています。

 子育てやご夫婦の問題やお悩み募集中。

合わせて、夫婦の仲良しの秘訣!!

子育ての秘訣!!も募集中です。

Family Partnersでは、コミュニティの最小単位である家族が、

どうすれば豊かに幸せになるかを追及していきます。

アイデアやご意見を頂けると嬉しいです。

集まったお悩みや秘訣は、随時アップしていきます。

良かったらお友達になって下さい。

イチロー選手生い立ち分析②野球を愛した理由

引退会見より

イチロー選手がなぜ野球をあれ程までに愛せたのか?そこには、イチロー選手の生い立ちに重要な秘密がありました。

お読み頂きありがとうございます。

Family Partnersの菅原でございます。

前回は、イチロー選手の性格・能力分析とお父さん(鈴木宣之さん)の性格分析をしました。

まだお読みになってない方、是非ご覧になってから、生い立ち分析②を読んで下さい。ストーリーが繋がります。

イチロー選手生い立ち分析①イチロー選手が生まれた理由

今回は、

  1. イチロー選手の生い立ち
  2. 家族の世代間連鎖
  3. 野球を愛した理由

を書いていきます。

⚠️あくまでも菅原の分析です。事実かどうかはイチロー選手とお父様しか分からないので、菅原の想像したストーリーだと思ってお読み下さい。

①イチロー選手の生い立ち

1973年10月22日に誕生。

生後間もなく名古屋市守山区から西春日井郡豊山町へ転居。

二人兄弟の次男だったが、祖父「銀一」から「一」の文字を取り「一朗」と命名された。イチローと兄に限らず、祖父「銀一」の全ての孫の名には漢字「一」が付けられています。

☆3歳で野球を始め、

小学校3年生からは、ほとんど毎日休まず練習してきたイチロー選手。

当時、一週間のうちで友達と遊べる時間は、たったの5〜6時間だったそうです。

☆一週間のうちで5〜6時間だったと言う事を考えると、一日に50分くらいしか、友達と遊んでいない状況になります。

なぜここまで野球を愛せたのでしょうか?

小学校時代は地元の少年野球チーム・豊山町スポーツ少年団に所属。

エースで4番として活躍し、6年生の時には全国大会に出場した。

小学3年生の頃から、学校から帰宅後に近くの公園で父親と野球の練習をした。

☆学校から帰宅後と言うことは、夕方4時ごろでしょうか?そこから父親と練習を毎日毎日行います。

(イチロー選手の脳にどのようなものがinputされているのか?)

しばらくすると、飛距離が伸び場外ホームランを連発するようになったため、町内にある空港バッティングセンターにほぼ毎日通い詰めるようになった。

3年生の時には速度100キロの球を打っていたという。

バッティングセンターに通いつめるあまり、一般用の球速では満足できなくなり、イチロー選手用の練習機材が準備されていた。

☆父親からは、料金は気にせずボール球には手出ししないよう指示され選球眼を磨いた。同センターにはイチロー選手専用8番打席が現在もある。

なお、同時期に年齢が一つ上の稲葉篤紀も同じバッティングセンターに通っていた。稲葉は「隣で同い年くらいの奴がめっちゃ速いボールを簡単に遠くまで飛ばしていた」と話している。

Wikipediaイチロー選手より抜粋

その後、中学・高校・プロ・メジャーにて活躍していきます。この部分は上記Wikipediaにてご覧になって下さい。

②家族の世代間連鎖

家族の世代間連鎖とは、何?と言われる方に簡単にご説明をします。

例えば、政治家の家のこどもは政治家になりやすく、医者のこどもは医者になりやすい。

暴力を受けたこどもは、暴力をする親になる可能性が高まり、貧困家庭のこどもが貧困家庭になる確率は、それ以外の家庭よりも高まります。

(☆虐待を受けたこどもが虐待をしない親になる可能性ももちろんありますし、貧困家庭から脱却するこどもも沢山います。ただ、他と比べてなりやすい傾向があります。)

なぜか?

家族の中で、行われた言動を脳がinputし、

無意識の内に現実世界にoutputしてしまう。

(脳に入った情報しか出ません。現実を変えようと思ったら、脳に再inputする必要があります。)

これを家族の

世代間連鎖

と言います。

では、この家族の世代間連鎖はイチロー選手の家族でどのようなものがあったのでしょうか?

イチロー選手の脳に何がinputされているのか?

イチロー選手は入った情報をどう感じ、今のイチロー選手の基盤が出来たのか?を考えていきます。

お父さんの想い

イチロー選手のお父さん(鈴木宣之さん)の行動と想いを分解していきます。それは、イチロー選手の脳に何が刻まれたのか、

みなさんと一緒に理解を深めてみましょう。

お父さんの性格typeは覚えていますでしょうか?

わからない方は以下↓ご覧になって頂けると理解が進むと思います。

イチロー選手生い立ち分析①なぜイチロー選手が生まれたのか?

お父さんの性格は、温情主義×種生まれ

6種類の性格の中で一番優しく、情愛が深く、

6種類の生まれの特性の中でも一番優しく、情愛が深い。

この2つが掛け合わさると、

①愛情の塊②思いやりの塊③激情の塊

がお父さんのエネルギーになります。(愛情がありすぎる故に、一歩間違えると、過干渉・過保護にもなりやすい方です)

それと企業家だった事もあり、

経済的にも時間的にも余裕があった。

この上記の①②③の塊と、時間的、経済的な余裕があったお父さんがイチロー選手に3歳から野球を教え、小3から公園で一緒に練習、バッティングセンターに付き添い続け、学校での練習や試合にも足繁く通っていました。

イチロー選手にどれだけの時間を費やしたかを考えると、

お父さんへのイチロー選手への想いが感じ取れるのではないでしょうか?

(さすがに菅原もこれだけの時間と情熱をこどもに費やせるだけの想い、エネルギーがありません。)

お父さんの想い×時間=エネルギー

このエネルギーをイチロー選手が生まれた時から注がれ続けたと考えると、イチロー選手が他の選手と圧倒的に違うエネルギーを受けて来たことが分かるのではないでしょうか?

そして、まだあります。エネルギーに加わる大事なスパイスがあるのです。

それは

野球

です。

この野球はどこから来ているのでしょうか?

 

 

答えは、お父さんの生い立ちにありました。

お父さんは 高校在学中に外野手として野球部で活動。3年生のとき、夏の愛知県大会ベスト4進出にするほど、野球少年だったそうです。

 

 

つまり、

おとうさんが野球好きだったんです。

 

好きな野球を息子とする喜び、

野球好きなお父さん方なら、

 

息子とのキャッチボール

  

男のロマンですよね。

 

  

イチロー選手に連鎖したものは、

 

お父さんのエネルギー(想い×行動)

       ×   

      野球好き

 

これがイチロー選手に強力に家族間連鎖したと考えています。

  

③野球を愛した理由

イチロー選手が野球を愛した理由が、段々とみえてきたのではないでしょうか?

 

イチロー選手の性格と能力、お父さんの性格、

 

それが絡みあって、

 

伝説のメジャーリーガーイチロー選手

 

が輩出されました。

そこには、

  

野球愛

  

がなくてはなりません。

 

野球愛は、どのようにして出来たかと言うと、

 

お父さんがイチロー選手の引退の際に

  

「あの小さい子が45歳、メジャーリーガーになって、ここまでやってきた。うわーっと涙が出た」

  

と発言されています。

  

あの小さかったイチロー選手とキャッチボールを始めた日から、40数年。どれだけの想いと時間をイチロー選手にかけてきたか。

お父さんの想いとして、

初めてイチロー選手がお父さんに投げたボール。それを受けた時に、お父さんの喜び。

イチロー選手がバットを持って、ボールを打てるまで何度も何度もお父さんが投げて、初めてイチロー選手がボールを打った時のあの喜び。

野球部に入りたいといい、野球部を選択した時のお父さんの喜び。

初めてマウンドにたったイチロー選手を見た時、打席に立った時のお父さんの喜び。

それは、

  

イチロー選手とお父さんとの野球をする喜びの記憶です。

(参照 犬飼ターボさん著 シグナル

  

それが

 

イチロー選手の野球愛に繋がったのだと分析しています。

  

生い立ちの中の喜びの記憶が、未来への種となり、大人になって芽生えます。

振り返ってみると、みなさんが愛しておられるものの中に、幼少期に感じていた親との喜びの記憶がある事に気付きましたか?

  

気付いて

「あっ」

と声が出た方、ご連絡お待ちしています。喜びの共有をしましょう。

いかがだったでしょうか?

2回に分けて、イチロー選手の性格・能力・お父さんの性格分析と、生い立ちを辿っていきました。

親の愛、イチロー選手の野球愛、こうして家族のストーリーが出来てきます。

イチロー選手の様な伝説に残るメジャーリーガーを輩出する為には、本人の努力以上に、親のエネルギーも必要だと言う事を改めて感じました。

そして、親との喜びの記憶は、こどもの未来の種へと変わります。

こどもと喜べる時間を作りましょう。

  

笑い合いましょう。

あなたにとってかけがえのない時間には限りがあるのですから。

親子の喜びの記憶が、次世代のイチロー選手につながりますよ。

  

そして、読んで下さったあなたもきっと、あなたにしかないストーリーがあります。読んで下さった方の自分のストーリーが輝きますように。最後までお読み頂きありがとうございました。

  

【お友だち募集Line@始めました。】

Line公式 友達追加 無料30分相談プレゼント

ご興味ある方は、

line@お友達登録後、『無料30分相談』とメッセージ下さいませ。

(zoomでの対応をさせて頂きます)

イチロー選手生い立ち分析①なぜイチロー選手が生まれたのか?


イチロー選手引退前最後の東京ドームの打席にて


イチロー選手が引退になり、改めてイチロー選手が残した軌跡を振り返りながら、Family Partners では、イチロー選手がどの様な性格で、どの様な生い立ちがあって、イチロー選手になったのかを、お父さんの性格も分析しながら辿っていきます。

今回もお読み頂きありがとうございます。

Family Partnersの菅原でございます。

 

今回は、先日引退したイチロー選手に敬意を示しながら、次世代にイチロー選手のような野球選手を輩出出来るように、イチロー選手とお父さんの性格を溝口式分析学で調べながら、生い立ちを辿っていきます。

  

⚠️あくまでも菅原の分析です。事実かどうかはイチロー選手とお父様しか分からないので、菅原の想像したストーリーだと思ってお読み下さい。

   

どの様な子育てをすればイチロー選手のように育てられるのか?

目次

  1. イチロー選手の性格分析・能力分析
  2. お父さんの性格分析
  3. イチロー選手の生い立ち(お父さんの関わり)

  

  

イチロー選手の性格とは

溝口式分析学で分析していきます。

溝口メンタルセラピストオフィスより引用

イチロー選手の性格typeは

自然主義type(Dtype)になります。

自然主義って何かと言いますと、

イチロー選手をイメージしながらお読み頂けると分かりやすいです👌👌👌

イチロー選手は、

常に自分の感情を内に秘め、態度や言葉に表さず、物事に動じないことを信条としているので、ポーカーフェイスで寡黙な人と見られがちで、場合によっては可愛げがない、ふてぶてしい人と受け取られることもあります。

基本的にはDtypeの方は、表情筋が動きにくいので、人から感情を察してもらいにくいのです。(表情はクール、心は楽しくても、顔にあまり出ないtype。表情に出ていない心の部分を察してもらえると、イチロー選手は本当に喜ばれると思います)

恐らくイチロー選手も幼少期は自分のほんとうの気持ちを分かってもらった経験が少なかったのでは?と分析しています。(顔に出ないから、周りが気持ちを汲み取りにくい)

  

それでも、

実際のイチロー選手は、

寂しがりやで甘えん坊であり、懐に入れば極めて義理堅く、かける愛情も人一倍強く、嘘や隠しごと、わざとらしさを嫌い、要領が悪くても自分らしく生きようとする実直さをもっています。

人に媚びようとせず、媚びるくらいなら分かって貰わなくて結構ですと思っています。

又、誰かに助けを求めるより、自分の中でことを処理しようとするため、苦しさや厳しさに耐え抜き、自分の決断した通りに実行し、周囲からどう思われても、

自尊心やこだわりを貫く、

芯の強さをもっています。

不器用さもイチロー選手の特徴で、

意に沿わないつくろった表現や、無理に調子を合わせた対応をしてまで、周囲に受け入れてもらおうとは思わないため、円滑なコミュニケーションを図るのが苦手な面があります。

だから、あのマスコミへの対応、独特の言い回し、

分かってもらえなければ、それはそれで仕方がない。

と感じています。

自然主義の性格ゆえ、

物事の経緯より結果や事実を重要視し

(↑一般的な自然主義typeの反応です。)

「物事はなるようにしかならない、仕方ない」

という考え方、捉え方をするため、最後の詰めが甘くなってしまう点が、最大の弱点であり、失敗の原因となる傾向があります。

日本やメジャーであれだけ活躍出来たのは、この最後の詰めが甘くなる傾向を嫌という程自覚し、ルーティン化する事で、毎回のバッティングが繰り返し再現出来るように、律したのではと分析しています。

オフの時のイチロー選手は、アバウトでゆる〜い行動が目立ちますが(面白Tシャツシリーズや愛犬の一弓との関わり)、

自分の望む目的に対しては、一途で負けず嫌いな性格が発揮され、驚くほどの底力や粘り強さを見せ、好きなことや趣味の世界、こだわりをもっていることに対しては積極的です。

イチロー選手の愛する対象が、野球だったことが、世界一のバッターに繋がっていったのだと分析しています。只、なぜ野球を愛することになったのかは、生い立ち分析でしっかり分析していきます。

本当は、臆病で、不安だから、自己を守るために、自分から距離を取ったり、開き直るような態度を取りますが、いざ大きな問題に直面した時には向き合う覚悟をお持ちの方です。

ご自身の関心がある分野、興味をもつ物事への探究心や持続力は非凡なので

「好きだからこの仕事をする」

という基準で職業選択を行うとベストです。

野球の場合は、好きじゃなくで、

「愛してるからこの仕事をする」

だったのではと、性格から分析しています。

性格typeの種類が知りたい方は、

性格診断 を参照にして下さい。

イチロー選手の能力分析

溝口メンタルセラピストオフィスより引用

イチロー選手が生まれ持った潜在能力の

100%の内

40%はアナリスト適性

アナリストって何?ですよね。下記に説明していきます。

イチロー選手は、アナリスト適性特有の分析能力が鮮明に出るタイプです。

物事を冷静沈着に眺め、分析、熟慮する性質が強く、行動力より知的面に秀でるタイプです。

一方、対人や対社会において表面に出ることや目立つ行為は好まず、やや行動力は欠けるため、速やかに実行に移すことを心掛けると、実績が積み上がり信用を得られます。

評論家、経営戦略、販売企画などの部門や、証券会社やシンクタンクなどで、膨大なデータに囲まれ、格闘しながら答えを導きだす役割をこなせる適性です。

この事から、イチロー選手は何万回、何百万回、何億回のご自身のプレイを分析し、常に最適解をだそうとされていたのだなと分析しています。

膨大な数の練習量と、イメージから出てくる最高のイメージのすり合わせを何度も何度も確かめておられたのではないでしょうか。

30%はマイスター適性

マイスター適性とは、拘りの専門職と考えて下さい。

イチロー選手は、強いこだわりと高い専門知識を持ち、コツコツと技術を磨いていく業務に適したタイプです。

対社会へのアピール、人へのアプローチ力は低く、興味や関心も薄い傾向があります。柔和な外見、平和的で温厚な人格ですが、内面には強固な意志とエネルギーを持ち、頭脳明晰で “我が道を行く” 典型です。

焦らず人と比較せず、得意な研究分野、専攻分野をもち、それを活かせる環境作りにも励むことで、能力が発揮されます。

→それが野球だったのだと分析しています。

20%はリーダー適性

極めてリーダーシップが強く、視野 ・ 視覚が広く、好奇心や独立心が旺盛です。

創業者タイプというより、組織の中でゼネラリストとして活躍をしながら、周囲の推挙を得てトップ層まで上りつめていくタイプです。一意専心でコツコツ努力することには不向きなため、新しいことにチャレンジを続け、経験を積み、信頼と尊敬に値する人格や見識を身につければ、貫禄と品位ある真のリーダーとして活躍できます。

100%の内の20%がリーダー適性です。

全体の能力適性の20%ですが、WBC(ワールドベースボールクラシック)で日本チーム全体を陰ながら引っ張っていたのは、紛れもなくイチロー選手だったのではないでしょうか?

周りに配慮し、人の気持に気付く力はずば抜けていますので、TVでダルビッシュ選手や大谷選手に冗談を言って関わるのは、相手の気持ちをリラックスさせてあげたいイチロー選手のみんなへの愛なのではと分析しています。

おとうさんの性格分析

イチロー選手のお父さんこと、鈴木宣之さん。(以下お父さん)

菅原はイチロー選手がイチロー選手になったのは、イチロー選手の元々持っていた能力以外の部分で、何がinputされたのか、非常に興味を持っていました。

昔、チチローと言われていた、鈴木宣之さんがどの様な性格で、どの様にイチロー選手の事を思って、どう関わったのか?

イチロー選手がなぜ野球を愛したのか?

鍵はお父さんにありました。

お父さんの性格は↓

溝口メンタルセラピストオフィスより引用

温情主義type(Ctype) 種生まれ

温情主義も種生まれも何って感じですよね?

温情主義は性格type6種類の内で、一番情が深いtype。

そして生まれも6種類あるのですが、その生まれの中でも一番情が深い生まれが種生まれ。

性格type6種類と生まれ6種類の中で、どちらも一番情が深いtypeなので、

=愛情の塊 思いやりの塊 激情の塊

がイチロー選手のお父さんだったのです。

→この3つの塊(お父さんの性格)がイチロー選手に注がれます。

お父さんの性格は、感受性がとても豊かで人情に溢れ、

極めて極めて情にもろい性格で、信じた人や情の絆を感じた人のためには、深い愛情で尽くし、自己犠牲や労を惜しまない人です。

イチロー選手の為にどれだけ尽くしたのか、人生のどれだけを共にしたのか、

事実は、お父さんの著書

「一番すきなこと一直線 子育ては、父親最大の仕事」

を読んでご確認下さい。

  

お父さんは、視野が広く、情報網も多く、多方面に気がつく人で、面倒見もよく、自分から進んで世話を焼き、人に感謝され喜ばれることを、やりがいや生き甲斐と感じるほどです。(地域の中でも貢献されたと思います)

 

よかれと思って、手出し口出しする行為を、相手の性格によっては、過干渉やお節介、ありがた迷惑と受けとる人もいると、寂しくなってしまう方です。

お父さんが、どれだけイチロー選手と共に過ごしたか?

又、なぜ野球を選んだのか?生い立ち分析にてお伝え致します。

 

頼まれると嫌と言えないお人好しで、人を信じやすく、困っている人や弱い立場の人を見ると、無条件で手を差し伸べる傾向が強く、過信や同情が過ぎると、相手を甘やかしたり、だまされる場合もあります。

 

家族や身内、恋人など、情で繋がった人を特別大切に想い、支え守りたい意識も強く、万一、問題が起きたときには、全て背負い込むほどの姿勢をみせます。

⚠️愛情が深いが故に、怒りの感情も多いです。

 

冷静沈着なときの温情、優しさ、思いやりと、感情が爆発したときの激しい言動が極端で、一度そうなると容易に収まりません。

 

「情の絆」 や 「親近感」 ができるまでは、人見知りをし、おとなしくクールで控えめな雰囲気で、気さくさも出しませんが、実際は明るく朗らかで親しみやすい人で、場の調和をはかる優しい方です。

 

そんなお父さんがイチロー選手にどう関わったか?

 

気になりますよね。

 

なぜイチロー選手が野球を愛したのか?

次回blogに書きたいと思います。

イチロー選手生おい立ち分析②野球を愛した理由

お楽しみに👍👍👍

 

【お友だち募集Line@始めました。】

Line公式友達追加 30分無料相談プレゼント!!

あなたのお悩みを生い立ちから紐解きます。

ご興味ある方は、

line公式お友達登録後、『30分無料相談』とチャットからメッセージ下さいませ。zoomでの対応になります。



 

子育てで褒める事より効果がある親の〇〇!!

子育てで褒める事が大切だと、言われているのは皆さんもご存知だと思います。褒められる事で、自信が付き、自己肯定感が高まり、やる気が出て、行動につながる事もあれば、褒められすぎて褒めないと行動が出来ないこどもになる可能性もあります。

もし、褒める以上に役立つ事があったら、知りたいと思いませんか?

いつもお読み頂きありがとうございます。Family Partnersの菅原でございます。

今回は、子育てでなぜ褒める事が必要なのかを考え

  1. 褒めることのメリット
  2. 褒めることのデメリット
  3. 褒めることより役立つ事

をお伝えします。

非常に効果が出やすいので、子育ての参考にして頂けると幸いです。

その前に、

お母さん・お父さんの生い立ち

これを読まれているお母さん・お父さんは褒められて育ったでしょうか?

恐らく多くの方は褒められて育ってなかったとおもいます。

子育てで一番影響があるのは親の言動です。

その言動が生まれたばかりの真っ白なこどもの脳にinputされ、こどもが大きくなるにつれて現実世界にoutputしている事をご存知でしょうか?

親の言動、考え方と同じ様にこどもは育ちます。

親に似るのでなく、親のようにこどもはなるのです。

日本人の多くの親の子育て(褒めない子育て)が、こどもの自己肯定感にどの様に繋がるかデータがあるのでご覧ください↓

下記に内閣府が調べた調査データがあります。

先進国7カ国のデータを見ても、日本人が顕著に自分自身の価値を低く見ているのはこのデータで分かるのではないでしょうか?

その低い自己肯定感がどう将来に影響するのか、次のデータを見てみましょう。

自己肯定感の高いこどもと、そうでないこどもが自国の将来をどう捉えているかを示したデータです。

上記のデータの通り、こどもの自己肯定感が高まると、将来への希望が増し、自己肯定感が低くなると、将来への希望をもちにくくなるのです。

それは、そうですよね。自分に自信があるから、未来に対しても自信が持てるのですから。

つまり、子育てで必要なのは、こどもの自己肯定感を高めることです。


その自己肯定感を高めるために、褒めることを実践していきます。

ただし、褒めることにはメリットとデメリットがありますので、その点にも留意しましょう。

褒める子育てのメリット

褒める子育てのメリットは大きく分けて3つのメリットがあります。

①自己肯定感が高まる

まず子どもを褒めることの一つ目のメリットは、子どもが自分自身に自信がもてます。

日本人の子育てに多いのですが、叱られてばかりの家庭で育った親は、こどもを叱ってばかりになる事が非常に多いです。

問題を正す事にばかり意識を向け、こどもの自己肯定感を下げてしまいます。

何をやっても叱られてばかりだと、「どうせ自分なんて」と、色々なことにチャレンジしたり積極的に取り組んだりできなくなってしまいます。

褒められる事で、自己肯定感が高まり、自分に自信が持て、様々な事にチャレンジ出来るこどもになります。(伝え方の工夫もありますが、ここは割愛します)

②親子関係が良くなる

二つ目のメリットは、褒めてくれたお母さん・お父さんとの関係がよくなります。  

叱ってばかりの親と、しっかり褒めてくれる親とだったら、どちらの親をこどもが好きになるのでしょうか?

しっかり、こどもの変化や成長に気付き、こどもを褒めてくれる親だと、こどもはもっと親のことをすきになります。

親子の信頼関係があるからこそ、こどもは安心してチャレンジ出来るようになります。

③お母さん・お父さんの心に余裕が生まれます

三つ目のメリットは、褒めているお母さん・お父さんの心に余裕がうまれます。

今まで叱ってばかりだったお母さん・お父さんは、

こどもの『ダメな所』をみてしまう癖がついています。

それが褒めれるようになると、こどもの『良い部分』が見れるようになり、こどもを褒められるようになります。

褒めることで、こどもとの関係が改善され、また、褒めることでお母さん・お父さんの心にも余裕がうまれるのです。

  

褒める子育てのデメリット

  

褒める子育てのデメリットも3つ書かせて頂きます。 

①注意や批判に心が折れやすくなり、集団に適応できなくなる

宿題をやっただけで「できたの? えらいね」や、

おはようございますと言っただけで、「えらいな。すごいね。」……。

こんな風に、些細な事にも、すかさず「えらい」「すごい」を連発していないでしょうか?

些細な事を頻繁に褒めると、子どもやほめられる事に慣れ、褒められる事が当たり前になります。

すると、あまり褒めてもらえない集団の場に適応しにくくなる可能性や、叱責や批判で心が折れてしまう可能性も。

②褒めないと動けないこどもになる

「できるよ」「やれるよ」と褒めることで、勉強をさせようとしたり、

「〇〇君ならできるさ」

「〇〇は頭がいいんだから」と

その気にさせて、塾に行かせたり、こんな風に、褒めることを「道具」に使って、子どもの意欲を操作していないでしょうか?

最初は褒め言葉に励まされて、親の期待通りに頑張ってくれるかもしれませんが、褒めないと動かないこどもになる可能性があります。

親がコントロールした分、自分がどうしたいのかよく分からなくなるこどももいます。

③外からの評価を過剰に気にしてしまい、内面が育たず満たされない思いを抱え込む

たとえば、顔やスタイルばかりに注目して「かわいい」を繰り返す。

成績や点数だけに注目して「すごい」「デキるね」を繰り返す。

当初は表面的なことでも、褒められればうれしく思います。

しかし、頻繁に繰り返されれば、「自分の価値は表面だけ?」と感じてくるものです。こうした意識が生まれると、「かわいい」と言われ続けた子は外見ばかりにこだわり、成績だけを評価されてきた人は成果ばかりにこだわる。

このように、表面的な価値を死守しようと躍起になってしまいます。

同時に、こころのなかでは自分の「内面」に注目してもらえない寂しさが生じていきます。

こうして、賞賛を得るために表面的な価値を維持しながら、いつも満たされない思いを抱えてしまうのです。

 

上記のメリット・デメリットを参考に、褒める事より効果がある親の〇〇!!

 

こどもの自己肯定感をどの様にすれば高まるのか?

それが子育ての1つの大きな課題だというのは、前述の内閣府のデータからお分かりになったと思います。

では、どうすればこどもの自己肯定感を高める事が出来るのか?

それは、効果的に褒めながら、親には〇〇をして欲しいのです。

〇〇とは?

親が喜ぶ事です。

 

こどもを何かさせる為に、褒めるのでなく、こどもの成長を思いっきり喜ぶのです。

菅原家の場合、小5、小2、年長と3人のこどもが居ます。

振り返って考えたとき、3人の行動で定着しているものがあります。

小5は野球大好き、小2は音読大好き、年長はお手伝い大好きなんです。

思い返すと、小5の長男と初めてキャッチボールしたのは2歳の頃だったでしょうか?

長男が投げれるようになったり、バッティング出来るようになったのを、私はおもいっきり喜んでいたんですね。

すると、今は、一人で自主練に行ったり、何よりも野球が好きな野球少年になっています。

ここには、私の喜びが大きく影響しているなと感じるのです。

小2の長女は、初めて音読した時に、本当に凄いね!と妻と感動した記憶があります。

その喜びの結果、年長の弟に音読をしてくれたり、親が居ないときでも音読をしている事があり、驚く事があります。

年長の次男は、2歳時の時に、自分の食べていたお菓子を、私と妻に分けてくれたんですね。

それはもう感動して、ありがとう、ありがとうと大喜びし、優しいね!と褒めていました。

それから、今でもおやつは分けてくれますし、お手伝いを進んでしてくれるようになりました。

褒めてもらう為にこどもが動くのでなく、

 

こどもは、大好きな親を喜ばせたい

 

と言う心理があるので、その気持を育まれると、子育てがとても暖かいものになりますよ。

ぜひぜひ、親の喜ぶ姿をこどもに見せてくださいね。

今回も、最後までお読み頂きありがとうございます。あなたと、あなたのご家庭の幸せを祈っています。

  

【お友だち募集Line@始めました。】

Line公式友達追加 30分無料相談プレゼント!!

あなたのお悩みを生い立ちから紐解きます。

ご興味ある方は、

line公式お友達登録後、『30分無料相談』とチャットからメッセージ下さいませ。zoomでの対応になります。