子育ての中で言葉の影響。否定語を使うとどうなるか?

いつもお読み下さりありがとうございます。

Family Partnersの菅原でございます。年明けから、寒さが一段と厳しくなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?今回は、

 

子育ての中で言葉の影響。否定語を使うとどうなるか?

について書かせて頂きます。言葉シリーズ第三段ですが、言葉がいかに大切か、言葉の影響ついて知って頂けると幸いです。

ある研究者が、出生から成人までにどれだけ自己否定的な言葉(だめね、ばかね、だから言ったでしょ、何してるの等)を親や環境から受けるか調査した結果、おおよそ下記の①~③で分かれた結果になりました。

①15万語

②10万語

③5万語

この否定語を受けた数の違いが、何に繋がるでしょう。少し考えてみましょう。

  1. 自己否定語を15万語使っているのは、 一般層。
  2. 自己否定語を10万語使っているのは、 富裕層。
  3. 自己否定語を5万語使っているのは、 超富裕層。

この調査結果から分かるように、富裕層になればなるほど、言葉の影響を知っており、親の使う言葉、環境が使う言葉をいかに良いものにし、こどもへのinputを変える事、こどもの自己肯定感が高まるように工夫されている事が分かります。

また、言葉は莫大な力を秘めています。

 

大学生への実験


ニューヨーク大学のジョンバルフ教授の
有名な実験の話です。

大学生を何チームにか分けて
このような課題を出しました。

「この単語群から短い文章を作りなさい」

たったこれだけです。
でも、一つだけ仕掛けをしてありました。

高齢者をイメージさせる単語を入れる


あるチームにだけ、

「しわ、忘れっぽい、孤独、白髪、杖」

など高齢者をイメージさせるものを入れました。
そして、文章を作ってもらったあとに
チームごとに別の場所に移動してもらいました。

すると、
『高齢者の単語を見たチームだけ
歩くスピードが遅くなった』

という結果が出ています。

 

つまり、
================
人は使った言葉にふさわしい人物を
体現しようとする
================
ということです。

  

◆使う言葉でどんな人間になるかわかる

これを心理学では

「プライミング効果」

といいます。

別の実験もあります。
 

 
1チームは部屋の中を毎分30歩のペース
(これは成人の3分の1のスピード)で
5分歩かされました。

すると、、な、な、なんと

「忘れっぽい」「年老いた」「孤独」

  

などの高齢者をイメージできる単語を
通常よりはるかに素早く認識できるように
なったそうです。

  
かなり恐ろしいですよね。

 

◆言葉と動きで人は変われる

言葉による影響が人生にとっていかに大きいか、このデータを見ながら意識したいですね。

お読みくださったあなたが使う言葉で、あなたもあなたの回りも変わります。

 

もっと言えば、
=============
あなたが使う言葉で
お子さんの性格や考え方も
かなり影響受けます。
=============
言葉が人生を作ります。

 

最後までお読み下さりありがとうございます。
あなたの言葉で、あなたとあなたの家族が幸せになることを祈っています。

 

 

【お友だち募集Line@始めました。】

Line@友達追加 無料性格診断プレゼント!!

ご自身のことが分かると使う言葉も変わります。

 

ご興味ある方は、

line@お友達登録後、『無料性格診断』とメッセージ下さいませ。

(※生年月日が必要になります)


こどもがグングン育つ魔法の言葉

子育ての中で言葉は、こどもの自己認識に大きな影響を与えます。それはなぜかと言うと、こどもが自分の事を最初に認識するのは親の言葉だからです。

鳥の雛が初めて見るものを親だと認識するように、人間のこどもは親の言葉や関わりで自分を認識していきます。

親の関わりも勿論影響があるのですが、今回は親の言葉に焦点をあてて書かせて頂きますね。

日本人の多くは、愛情を表現する事が苦手で、自分が愛されていたかどうかも分からない、もしくは愛されていたと思うと答える方が多いです。

100人位の大学生をアンケートをした中で「自分の事を好きですか?好きだとしたら100点満点で何点くらいですか?」とお聴きすると、40~60点と答える方が多いです。

そして、その40~60点の方に更に質問し、親子のコミュニケーションの中で「愛してるとか大好きだよ」とか言われたことがある方はとお聴きすると、言われた事がある方は皆無だと言うことが分かりました。

※下記図は、内閣府が作成した日本を含めた7カ国の満13~29歳の若者を対象とした意識調査です。自己肯定感のカテゴリーです。

自分の事が好きだと答え70点以上の点数をつけた全体の10人位の方に話をお聴きすると、親子のコミュニケーションの中で「愛してる」「大好きだよ」等のことばを言われた事を覚えている、もしくは今も言っているそうで、親から愛されていますと自信をもって答えたのが印象的でした。

次の内閣府のアンケート調査を見てみますと、親から多くの方が愛されていると感じている事が分かりますが、自己肯定感にリンクしていないのは、私の仮説ですが、親からの言動で愛されていると伝えてもらった事がある方と、伝えてもらっていない方が出て来て、親から愛されていると伝えてもらった方は、平均より自己肯定感が高くなるのでは?と考えています。

 

もしかすると、日本人の愛されていると感じた理由として「愛されている=お世話してもらった。育ててもらった」等の定義になっているのでは?と思うのです。

 

先程の大学生100人のアンケート調査では、自己肯定感の高い方は、親子のコミュニケーションも、良好という結果も出ています。

 

それは、親子のコミュニケーションの中で愛を伝えあったり、気持ちの交流があったり、親を信じられるから、それ以外の他者に対しても心を開きやすく、結果コミュニケーション能力が高くなっていると感じます。

 

又、コミュニケーション能力が高い、もしくは自己肯定感の高い方は人から愛されやすい、好かれやすいです。

 

関わると分かるのですが、素直で可愛らしい、人懐っこい等が共通した項目にあります。

どの様な言葉を親子で伝えあうと、こどもの自己肯定感が高まり、コミュニケーション能力が高くなるのか?

 

それは、こどもが愛されてると実感出来るように、

  • 「愛してる」
  • 「大好きだよ」
  • 「大切だよ」

と何度も何度もこどもに使ってみてください。

 

どれだけこの魔法のことばを使えるかで、こどものinputは変わります。inputが、変わればoutputも変わりますので、結果自己肯定感が高まり、コミュニケーション能力も高くなり、こどもはグングン育ちます。

 

具体的な使い方として

①まずは、inputする必要があるので、お子さんに向けて、お母さんは○○ちゃんの事どう思っていると思う?とこどもに質問します。

②えっわからない。と、こどもは最初に言うと思います。

③お母さん(お父さん)は○○ちゃんの事を愛しているよ、大好きなんだよと伝えます。これで、こどもにinput出来ました。

④次に、又違う場面で○○ちゃんに聴いてみるのです?お母さん(お父さん)は○○ちゃんの事どう思っていると思う?と。すると、以前伝えているので「愛してる」と嬉しそうに答えます。

その際に、おもいっきり抱きしめて「大正解。なんで分かったの?」と伝えます。これを色々な場面でこのやり取りを使うだけで、こどもの自己肯定感は高まり、お母さんお父さんの自己肯定感も高まる事になります。

 

みんな愛しているって言われると、嬉しいですよね。

このやりとりが魔法のように効果がありますので、是非是非使ってみてください。

お父さんもお母さんもご自身が小さい時に、両親から愛されたと思われる記憶ってありますでしょうか?それは、今となって、両親のあの行為は愛情を示してただろうと推測は出来ますし、記憶の捉え方を変えることも出来ますが、直接愛してるよや、大好きだよと言われてたら、又お父さん、お母さんの人生は変わったかもしれません。

あなたのこどもにはしっかり愛情を示し、伝えて頂ければ嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。あなたとあなたの家族の幸せを祈っています。

 

【お友だち募集Line@始めました。】

Line@友達追加 無料性格診断プレゼント!!

お子様がどんな性格でどんな言葉をかけると喜び怒るのか、性格診断を使って知って見ませんか?

 

ご興味ある方は、

line@お友達登録後、『無料性格診断』とメッセージ下さいませ。

(※生年月日が必要になります)

子育ての中で言葉を変えるとこどもも変わる

今回は、子育ての中で言葉を変えるとこどもはどうなるか?考えてみます。今までこどもにどういった言葉を投げかけてきたでしょうか?ポジティブな言葉が多いですか?

それとネガティブな言葉が多いですか?

 

それでは、子育ての中で言葉がどれ程重要か考えていきましょう。

 

例えば、親が

  • 『出来るかどうか心配』
  • 『あぶない』
  • 『失敗したらどうするの』

 

と不安を言い続けたとします。それを受け続けてきたこどもは、どの様な状態になるのか考えてみましょう。考え方の基本としては、人間の脳は入ったものしか出ない事を覚えておいておかれると、この後の話も分かりやすいと思います。

 

親の不安な言葉→

こどもの脳にinput→

こどもの脳からoutput→

こどもの不安な言動

 

と考えると分かりやすいかもしれません。


つまり、不安な言葉を沢山inputされたこども達は不安の中で生きることになり、不安な言動の多いこどもになります。

やっても無理や、どうせな、だってな等です。

愛する我が子だからこそ、不安にもなりますが、いかにこどもの自己肯定感を高めるか、それは親の言葉に掛かっています。

それでは、先程の『出来るかどうか心配』にはどの様な言葉に言い換えると良いでしょうか?

やろうと思っている事が素晴らしい』

上手になりたいと想うきもちが素晴らしい』

失敗しても大丈夫。練習している事が素晴らしい。

のような言葉をこどもに伝えると、こどもの脳は、『素晴らしい自分』『やろうと想った自分は素晴らしい』『練習している自分は素晴らしい』等、肯定的に捉えて、肯定的な結果がでやすくなります。

続いて『あぶない』と言う言葉。

 

こどもが転びそうなとき、

『あぶない』と言った場合や、

コップを落としそうになった時、

『危ない』と言った場合、だいたい転んだりコップを落としたりした経験ございませんか?

私も瞬間的に『危ない』と言った場合、こどもが転んだり、コップを落とした経験が多い一人です。

『危ない』→

脳にinput→

脳からoutput→

『危ない結果』

ではないでしょうか?

では、どの様に伝えれば良いかと言うと

『止まれ』

『右端に行って』

『しゃがんで』

 

等の行動を指定した言葉は効果的です。行動を伝えているので伝わりやすく、危険を回避することに繋がります。

次に『失敗したらどうするの?』と言う言葉を考えてみましょう。

『失敗したらどうするの?』の言葉のなかには、『失敗したらダメ』と、失敗を否定的に捉える価値観があります。

成功者の多くの方にインタビューをして分かったのですが、成功者の方は成功以上に数多くの失敗を重ねています。つまり、失敗を多く重ねただけ成功するのであれば、

失敗は成功の素だから、ドンドン失敗して学ぶと良いよ。

と言い換える事が出来るのではないでしょうか?

我が子を想う気持ちが強く、尚且つ親の親から生い立ちの中でinputされた言葉を無意識にこどもに使うので、今一度自分の使っている言葉を見直し、こどもの自己肯定感が高まるような言葉に言い換えてみてはいかがでしょうか。

ここまでお読み下さりありがとうございます。あなたとあなたの家族の幸せを祈っています。

【お友だち募集Line@始めました。】

Line@友達追加 無料性格診断プレゼント!!

ご自身の性格をしってみませんか?

あなただけの才能も分かるかもしれません。

ご興味ある方は、

line@お友達登録後、『無料性格診断』とメッセージ下さいませ。

(※生年月日が必要になります)