子育てで褒める事より効果がある親の〇〇!!

子育てで褒める事が大切だと、言われているのは皆さんもご存知だと思います。褒められる事で、自信が付き、自己肯定感が高まり、やる気が出て、行動につながる事もあれば、褒められすぎて褒めないと行動が出来ないこどもになる可能性もあります。

もし、褒める以上に役立つ事があったら、知りたいと思いませんか?

いつもお読み頂きありがとうございます。Family Partnersの菅原でございます。

今回は、子育てでなぜ褒める事が必要なのかを考え

  1. 褒めることのメリット
  2. 褒めることのデメリット
  3. 褒めることより役立つ事

をお伝えします。

非常に効果が出やすいので、子育ての参考にして頂けると幸いです。

その前に、

お母さん・お父さんの生い立ち

これを読まれているお母さん・お父さんは褒められて育ったでしょうか?

恐らく多くの方は褒められて育ってなかったとおもいます。

子育てで一番影響があるのは親の言動です。

その言動が生まれたばかりの真っ白なこどもの脳にinputされ、こどもが大きくなるにつれて現実世界にoutputしている事をご存知でしょうか?

親の言動、考え方と同じ様にこどもは育ちます。

親に似るのでなく、親のようにこどもはなるのです。

日本人の多くの親の子育て(褒めない子育て)が、こどもの自己肯定感にどの様に繋がるかデータがあるのでご覧ください↓

下記に内閣府が調べた調査データがあります。

先進国7カ国のデータを見ても、日本人が顕著に自分自身の価値を低く見ているのはこのデータで分かるのではないでしょうか?

その低い自己肯定感がどう将来に影響するのか、次のデータを見てみましょう。

自己肯定感の高いこどもと、そうでないこどもが自国の将来をどう捉えているかを示したデータです。

上記のデータの通り、こどもの自己肯定感が高まると、将来への希望が増し、自己肯定感が低くなると、将来への希望をもちにくくなるのです。

それは、そうですよね。自分に自信があるから、未来に対しても自信が持てるのですから。

つまり、子育てで必要なのは、こどもの自己肯定感を高めることです。


その自己肯定感を高めるために、褒めることを実践していきます。

ただし、褒めることにはメリットとデメリットがありますので、その点にも留意しましょう。

褒める子育てのメリット

褒める子育てのメリットは大きく分けて3つのメリットがあります。

①自己肯定感が高まる

まず子どもを褒めることの一つ目のメリットは、子どもが自分自身に自信がもてます。

日本人の子育てに多いのですが、叱られてばかりの家庭で育った親は、こどもを叱ってばかりになる事が非常に多いです。

問題を正す事にばかり意識を向け、こどもの自己肯定感を下げてしまいます。

何をやっても叱られてばかりだと、「どうせ自分なんて」と、色々なことにチャレンジしたり積極的に取り組んだりできなくなってしまいます。

褒められる事で、自己肯定感が高まり、自分に自信が持て、様々な事にチャレンジ出来るこどもになります。(伝え方の工夫もありますが、ここは割愛します)

②親子関係が良くなる

二つ目のメリットは、褒めてくれたお母さん・お父さんとの関係がよくなります。  

叱ってばかりの親と、しっかり褒めてくれる親とだったら、どちらの親をこどもが好きになるのでしょうか?

しっかり、こどもの変化や成長に気付き、こどもを褒めてくれる親だと、こどもはもっと親のことをすきになります。

親子の信頼関係があるからこそ、こどもは安心してチャレンジ出来るようになります。

③お母さん・お父さんの心に余裕が生まれます

三つ目のメリットは、褒めているお母さん・お父さんの心に余裕がうまれます。

今まで叱ってばかりだったお母さん・お父さんは、

こどもの『ダメな所』をみてしまう癖がついています。

それが褒めれるようになると、こどもの『良い部分』が見れるようになり、こどもを褒められるようになります。

褒めることで、こどもとの関係が改善され、また、褒めることでお母さん・お父さんの心にも余裕がうまれるのです。

  

褒める子育てのデメリット

  

褒める子育てのデメリットも3つ書かせて頂きます。 

①注意や批判に心が折れやすくなり、集団に適応できなくなる

宿題をやっただけで「できたの? えらいね」や、

おはようございますと言っただけで、「えらいな。すごいね。」……。

こんな風に、些細な事にも、すかさず「えらい」「すごい」を連発していないでしょうか?

些細な事を頻繁に褒めると、子どもやほめられる事に慣れ、褒められる事が当たり前になります。

すると、あまり褒めてもらえない集団の場に適応しにくくなる可能性や、叱責や批判で心が折れてしまう可能性も。

②褒めないと動けないこどもになる

「できるよ」「やれるよ」と褒めることで、勉強をさせようとしたり、

「〇〇君ならできるさ」

「〇〇は頭がいいんだから」と

その気にさせて、塾に行かせたり、こんな風に、褒めることを「道具」に使って、子どもの意欲を操作していないでしょうか?

最初は褒め言葉に励まされて、親の期待通りに頑張ってくれるかもしれませんが、褒めないと動かないこどもになる可能性があります。

親がコントロールした分、自分がどうしたいのかよく分からなくなるこどももいます。

③外からの評価を過剰に気にしてしまい、内面が育たず満たされない思いを抱え込む

たとえば、顔やスタイルばかりに注目して「かわいい」を繰り返す。

成績や点数だけに注目して「すごい」「デキるね」を繰り返す。

当初は表面的なことでも、褒められればうれしく思います。

しかし、頻繁に繰り返されれば、「自分の価値は表面だけ?」と感じてくるものです。こうした意識が生まれると、「かわいい」と言われ続けた子は外見ばかりにこだわり、成績だけを評価されてきた人は成果ばかりにこだわる。

このように、表面的な価値を死守しようと躍起になってしまいます。

同時に、こころのなかでは自分の「内面」に注目してもらえない寂しさが生じていきます。

こうして、賞賛を得るために表面的な価値を維持しながら、いつも満たされない思いを抱えてしまうのです。

 

上記のメリット・デメリットを参考に、褒める事より効果がある親の〇〇!!

 

こどもの自己肯定感をどの様にすれば高まるのか?

それが子育ての1つの大きな課題だというのは、前述の内閣府のデータからお分かりになったと思います。

では、どうすればこどもの自己肯定感を高める事が出来るのか?

それは、効果的に褒めながら、親には〇〇をして欲しいのです。

〇〇とは?

親が喜ぶ事です。

 

こどもを何かさせる為に、褒めるのでなく、こどもの成長を思いっきり喜ぶのです。

菅原家の場合、小5、小2、年長と3人のこどもが居ます。

振り返って考えたとき、3人の行動で定着しているものがあります。

小5は野球大好き、小2は音読大好き、年長はお手伝い大好きなんです。

思い返すと、小5の長男と初めてキャッチボールしたのは2歳の頃だったでしょうか?

長男が投げれるようになったり、バッティング出来るようになったのを、私はおもいっきり喜んでいたんですね。

すると、今は、一人で自主練に行ったり、何よりも野球が好きな野球少年になっています。

ここには、私の喜びが大きく影響しているなと感じるのです。

小2の長女は、初めて音読した時に、本当に凄いね!と妻と感動した記憶があります。

その喜びの結果、年長の弟に音読をしてくれたり、親が居ないときでも音読をしている事があり、驚く事があります。

年長の次男は、2歳時の時に、自分の食べていたお菓子を、私と妻に分けてくれたんですね。

それはもう感動して、ありがとう、ありがとうと大喜びし、優しいね!と褒めていました。

それから、今でもおやつは分けてくれますし、お手伝いを進んでしてくれるようになりました。

褒めてもらう為にこどもが動くのでなく、

 

こどもは、大好きな親を喜ばせたい

 

と言う心理があるので、その気持を育まれると、子育てがとても暖かいものになりますよ。

ぜひぜひ、親の喜ぶ姿をこどもに見せてくださいね。

今回も、最後までお読み頂きありがとうございます。あなたと、あなたのご家庭の幸せを祈っています。

  

【お友だち募集Line@始めました。】

Line公式友達追加 30分無料相談プレゼント!!

あなたのお悩みを生い立ちから紐解きます。

ご興味ある方は、

line公式お友達登録後、『30分無料相談』とチャットからメッセージ下さいませ。zoomでの対応になります。


子育てでこどもの自己肯定感が低いのは、親の自己肯定感が低いから。世代間連鎖を解き放て!!


こどもに怒鳴ってしまうお母さん。お父さんを責めてしまうお母さん。お母さんを責めてしまうお父さん。こどもを責めてしまうお父さん。どうしてこどもや一番近くの一番大切な人を責めてしまうのかご存知でしょうか?

それはあなたの自己肯定感が低いからです。

いつもお読み頂きありがとうございます。Family Partners の菅原でございます。

今回は、『子育てでこどもの自己肯定感が低いのは、親の自己肯定感が低いから。世代間連鎖を解き放て!!』

を書かせて頂きます。

お読みになった後に、子育てへのヒントになり、あなたとご家族が今より少しでも笑顔が増えますように。と想いを込めて♡

こどもの自己肯定感はなぜ親の影響なのか?

こどもって生まれた時って、

  • 俺って自信満々だぜ!
  • 私ってだめやし!
  • 僕って素晴らしい存在やねん!

って思っているこどもは居ませんよね。

真っ白で生まれてきたこどもが、成長する中で、自分は良い、悪いを感じて、その結果自分という存在は良いんだ、悪いんだと思い込んでいます。

どのように思い込むかと言うと、一番影響力の強いものの言動をこどもは強烈に刷り込んでいきます。

では、一番影響力のあるのはだれでしょう?

それは、

です。

なぜ、親がこどもにとって影響力が強いかと言うと、

こどもにとって親は特別なんです。

なぜ、親がこどもにとって特別なのか?

私、菅原は児童養護施設で約20年間勤めてきました。児童養護施設というのは、親が育てられなくなったこどもを親の代わりに養育する施設です。(こどもは2歳から20歳までのこどもをお預かりしています)  親がこどもを育てられない一番大きい理由として、

親からこどもへの虐待

があります。

他には親の経済的困窮・親の精神疾患・親の死去等、さまざまな理由でこども達は児童相談所に一時保護されて、そこから児童養護施設に措置されるわけです。

でね、こどもが親から殴られたり、叩かれたり、暴言を吐かれた経験があるのであれば、

一般的な感覚だと、

親の事嫌い

になりますよね。でもね、児童養護施設に長く勤めていて分かったのは、

いくら殴られても、

暴言吐かれても、

こどもは親のことがだいすきなんです。

児童養護施設で親からお預かりしたこどもを育てながら、こんな事を思うこともありました。

このまま親と離れて、自立出来た方が幸せではないのか?親にあって、親の影響を受けることで、こどもの人生は良い方向に向かうのか?どこかで親への期待を切ってしまった方が、こどもの人生を考えた時に、良いのではないか?

それほど親の状態が良くないケースも多々あります。(ドラッグ・精神疾患等々)

それでもこどもは口には出しませんが、

こどもは親のことがだいすきなんです。

例え、どつかれても、怒鳴られても、

こどもは親のことがだいすきなんです。

大好きだからこそ、親の影響を受け易いのです。

読者さんに一度振り返ってもらいたいのは、自分の好きな事や嫌いな事って、なぜそれが好きになったか、嫌いになったか考えた事ありますか?

よ〜く考えると、親がそうだったからだ!!

と思い当たるものありませんか?

無意識の内に親の影響を受けて、好き嫌いになっている事が沢山あるのです。

こどもの自己肯定感がどのようにして出来るのか?


こどもの自己肯定感に、一番大きく影響を与えるのが、

親の言動

です。

親がこどもにどの様な言葉を発しているのか、

肯定なのか、否定なのか、

その言葉かけ、行動でこどもの自己肯定感は変わります。

あるデータがあったのでご紹介すると、

生まれてから成人までにこどもは、どれだけ多くの否定語をうけるのか?

  1. 15万語
  2. 10万語
  3. 5万語

どれでしょう?考えて見てください。因みにご自身は、親から結構否定されて育ったな。いやいや、私は肯定されて育ったな等考えて見てください。

答え

  1. 15万語は一般層。大体、一般的なご家庭だと15万語くらい、こどもにダメ出しをします。
  2. 10万語は富裕層。言葉の影響を知って居られるのと、親の自己肯定感が一般層より高い事からこの結果に。
  3. 5万語は超富裕層。親の自己肯定感が高いから、見える世界が肯定的に見えます。こどもの成長、強みが見える。だから、肯定することが多くなり、結果こどもの自己肯定感も高まり、こどもの現実も変わってきます。

上記のように、こどもに対して親の発している言葉が何なのか?ご自身でこどもに対して発している言葉を振り返ってみましょう。

100人の大学生を調査して分かったのは、自己肯定感が高い学生と、低い学生の違いは何なのか?

学歴問わず、大学生の方々に、自分のことが好きですか?好きだとしたら100点中、何点ですか?と聞いてみました。

学生のの平均点は40〜60点。

それを超えて70〜100点と言った、全体の20%の学生達には共通点がありました。

それは、

親子の良質なコミュニケーションが多い事です。

良質なコミュニケーションとは、

親子の中で愛情を伝え合ったり、気持ちを伝え合ったり、話し合ったりすることが、点数の低い学生達と比べて

多い

のです。そして、点数の高い学生たちのもう1つ大事な共通点がありました。

それは、親の事が

大好き(尊敬も含む)

と、恥ずかしがらずに言えていた事です。この違いは大きいなと調査をしながら気付きました。

世代間連鎖を解き放て

なぜ、こどもの事を責めたり、パートナーの事を責めてしまうのでしょうか?

それはあなたの自己肯定感が低いからです。

自己肯定感が低いと、自分の悪い所をみる癖があります。

ここが出来ていない、やっぱり私はだめだ、ちゃんとしなきゃ等々

自分を見ているように他人を見てしまいます。自分の欠点を見ている人は、他人の欠点もみてしまうのです。

それでも、良いのです。

ただ、もし人も責めたくない、もっと褒める事が出来るようになりたい、自分を好きになりたいという方は、次をおよみくださいませ。


今まで、よく頑張ってこれらました。だって、人を責めてしまうのは、親や環境から

「あなたはだめだから、ここを直しなさい」

「あなたは出来ないから、こうしなさい」

「あなたはだめだから」

「あなたはだめだから」

と言われてきただけです。それを言う親も、そう言われて育っただけです。

ここからは、あなたは選べます。

自分は、こどもに対してどう関わりたいのか?

パートナーとどんな風になりたいのか?

なりたいイメージがあったら、人は変われます。

そのために、自分の現在の現状に気づき、そして選ぶのです。

自分を肯定し、こどもも肯定し、パートナーも肯定し

笑顔の絶えない、大好きだよ!と言い合える家庭を目指しませんか?

ここまでお読みのあなたなら大丈夫。

なぜ、ここまでお読みになったか分かりますでしょうか?

こどもに対しての愛

パートナーに対しての愛

自分自身への愛

があるからです。

 

【お友だち募集Line@始めました。】

Line公式友達追加 30分無料相談プレゼント!!

あなたのお悩みを生い立ちから紐解きます。

ご興味ある方は、

line公式お友達登録後、『30分無料相談』とチャットからメッセージ下さいませ。zoomでの対応になります。

親の自己肯定感がこどもの自己肯定感に!!世代間連鎖を越えて。


親の自己肯定感が、こどもの自己肯定感になる事を多くのご家庭のカウンセリングをして気付きました。親のようにこどもはなるのです。そして、大人になってもなかなかその事に気づけず、苦しまれている方も多いです。

いつもお読み頂きありがとうございます。

Family Partnersの菅原でございます。

今回は、親の自己肯定感がこどもの自己肯定感になっている事を知り、どうすればこの世代間連鎖をより良いものに変えていけるかについて私の想いを書かせて頂きます。

まず押さえて置きたいのが、

親の自己肯定感について

親の自己肯定感は誰が決めているのでしょうか?

世間が親(あなた)を、良いですよ、いやイマイチですよと決めているのでしょうか?

実際は親(あなた)自身が自己肯定感の高い、低い、良い、悪いを決めています。

親(あなた)の自己肯定感は、どの様にして出来ているのかを考えてみましょう。

自己肯定感はどの様にして出来るのか?

自己肯定感をWikipediaで調べてみると、以下と書いてありました。

自己肯定感とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり、自尊心、自己存在感、自己効力感と同じ意味あいで用いられる。 「自己肯定感」という言葉は1994年に高垣忠一郎によって提唱された。 ウィキペディア

つまり、自らを肯定的に捉えられる事を自己肯定感とすると、

自分の事を肯定的に捉えるか、否定的に捉えれるかはどの様にして出来るのでしょうか?

様々な親子のカウンセリングをする中で、感じるのは、

 

親の自己肯定感が低ければ、

こどもの自己肯定感も低い

 

と言う事です。

どうして、自己肯定感の高いこどもが育つ家庭と、そうでない家庭が出来るのでしょうか?

それは、親子のコミュニケーションの質が大きく関係している事が分かりました。

親子の中で、肯定的、共感的なコミュニケーションを多く取っていれば、こどもの自己肯定感は高まりますし、

反対に、拒否的、反感的なコミュニケーションが多いとこどもの自己肯定感は低くなる傾向があります。

現在、小学生から中高生のこどもを持っておられるお父さん、お母さんがこども時代に、親から肯定的、共感的に関わって貰ったという経験は少ない方の方が多いと思います。

それは時代背景もあり、家族よりも、経済を発展させ、より豊かになる為に、私達の親の世代は頑張っていたからです。(菅原はアラフォーです。)

家庭環境として、核家族化が進み、祖父母と離れて暮らす方々が増えたこともあり、家庭の養育機能は低下していき、結果こどもを肯定したり、共感してくれる人が減ったので、親(あなた)の自己肯定感が低くなっているのです。

親自身が忙しく、子育てに余裕が無かったとも言えます。

これは、私菅原も経験した事で、幼少期から、親から肯定的、共感的なコミュニケーションが少なくなると、劣等感や、自己否定感を感じやすく、

そのまま親になりますと、

『無意識』

の内に親と同じ関わりをこどもにもしてしまい、こどもに劣等感や自己否定感を植え付けてしまうのです。

幼少期のまっさらなあなたの脳に入った情報は、大人になってもその情報を変えることが難しく、結果、入った情報を『無意識』のまま出力してしまうのです。

世代間連鎖の事例

幼少期、親に認めて貰えなかった、愛されなかったと感じていたこどもはどの様になるのでしょうか?(ポイントは、愛されてなかったと感じていた所です)

Aさんのお話。

Aさんは幼少期に父親に認めて貰えず、出来ても当たり前だと言われ、父親に愛してもらえないと感じていたそうです。

Aさんは、父親と関わりたい、父親に愛して欲しい、認めて欲しい気持ちが強く、父親に気を遣って、父親の好きな事を通して関わろうとするも、気を遣いすぎて関われず、結果父親との関わりが乏しい幼少期。

幼少期に大好きな父親から認めて貰えていないという情報は、Aさんに劣等感や自己否定感を作ったようです。爪も噛み、イライラし、親のお金を盗んではそれで物を買い、心を満たす状態。劣等感が強く、尊敬出来る人には敬い、尊敬出来ない人には見下すという状態だったと。結果、人との関係も物のやりとり、上下関係でしか作れず、本当の意味では友人を作れた事がなかったそうです。

人からの目線を過剰に意識し、どうすれば人からよく見られるのか、その為に演じるので、家に帰れば廃人のように気力が低下したまま眠っていたそうです。

また、親子のつながりを欲したAさんは、早くに家庭を築きたい想いがあり、無事に結婚されます。

初めて出来たご長男に対して、親の様な関わり方ではなく、こどもの時に寂しい思いをしたから、こどもには寂しい思いをさせない、愛されていないと感じていたから、こどもを愛そうと一生懸命に良いお父さんをします。

脳に入った無意識の情報が出力されている

ご長男の年齢が3歳、4歳になるにつれて、一生懸命に関わっても関わっても、

ご長男は、激しい爪噛み(足の指まで)、睡眠時の歯ぎしり、激しい癇癪、人の物を盗って来る等、なぜか愛情が満たされない状態だったとの事。

そしてAさんは、悩むのです。

これほどまでに愛しているのにも関わらず、なぜ、長男がAさんの子どもの頃とと同じ状態になるのか。

そして、気付くのです。

『愛そう』『愛そう』『関わろう』『関わろう』と意識はするものの、

長男には『無意識』のうちに

出来て当たり前、出来ていれば褒め、出来なければなぜ出来ないのか?

一番でなければなぜ一番ではないのか?

と長男に『無意識』の内に問うていたそうです。

『無意識』の内に脳に入った

『一番でないと認めない』は

無意識』の内に出力されるのです。

メンターとの出会い

ある日、Aさんの人生を変えるきっかけとなったメンターに出会ったそうです。

「愛されるとは?」

Aさんは、明確な答えも返せずに、「あーでもない、こーでもない」と考えていると、頭の中で稲光と共に、衝撃が走り、

「ただ、息子が居るだけで良い!」

という事に気付きました。

気付いた瞬間に、色々な思いがフラッシュバックし、自分が愛されたかった気持ち、もっと親と遊びたかった気持ち、長男には自分の辛い思いを感じさせたくなかったのに、同じ様な気持ちを感じさせている事に気付いた時に、Aさんは目から溢れんばかりの涙が次から次へと流れ出たそうです。

泣いて泣いて、涙が出きった後に、見える世界が変わったそうです。

Aさんは気付いた日の就寝時に、ご長男に対して辛い思いをさせた事を謝り、只生きて元気で居てくれるだけで良い事。愛していることを伝え、こどもが嬉しそうにしていたそうです。

実はこの話、菅原の話なんです。。。

それが、このFamily Partnersを立ち上げた原体験になります。

自己肯定感の世代間連鎖

親(あなた)は自分の事が好きですか?

好きだとしたら100点満点で何点と付けられますか?

100点!!

と答えれれた方、この先を読まなくてもOKです。素晴らしいです。自分の事をそれだけ好意的に捉えられていると、今生きている世界を肯定的に捉えられます。又、人の事も受け入れられ、人の強みを活かせる存在になっています。

自己肯定感が80点位の方、人生を肯定的に生きながらも、まだまだ良くなれると思っているか、ダメな部分があると捉えられていると思います。幸せ感が高い状態でもあります。

自己肯定感が50点以下の方、自分の事を良いと感じる回数よりも自分の事を責める回数の方が多く、独り言もマイナス発言が多いのではないでしょうか?だから、人に対しても、ダメな部分を指摘する事が多く、結果自分も指摘される事が多いのではないでしょうか?

自己肯定感が50点以下の方が子育てをすると、

□こどもの出来ない所に目がいってしまう。

□人からこどもがどう思われているか過度に気にする。

□こどもが何かする前に、不安になり先にやってしまう。

□こどもが失敗する事を許せない。

□こどもが自分の思い通りに動かないと怒りを爆発させてしまう

等々、

上記の関わりを受けたこどもの自己肯定感は何点くらいになるでしょうか?

こどもが上記の様に関わられると、自分の事をダメなやつや!僕なんて、私なんてと否定的に捉える事を覚えます。

その子が親になった時、また、自分と同じ様にこどもに養育してしまい、

それが痛みの世代間連鎖を作るのです、

親から子へ紡いでいきたい事

ここまでお読み頂きありがとうございます。

どうしてここまで読んで下さったか分かりますでしょうか?おそらく、お母さんかお父さんがお読みになって下さってるのではないでしょうか。

あなたがこの記事を読んで下さるのは、

 

あなたがこどもの事を愛しているからです。

 

こどもに未来への幸せの鍵を渡したいですよね?

自分の事を好きなこどもでいて欲しいですよね?

こどもに笑って欲しいですよね?

 

その為に、こどもの自己肯定感が高まる関わり方を伝えます。

 

こどもの自己肯定感が高まる関わり方

こどもの自己肯定感が高まる為には、親子のコミュニケーションの質を上げる必要があります。

コミュニケーションの質を上げるには、こどもの気持ちを理解し、肯定し、共感する事がとても大切になってきます。

こどもが話をしてきたら、話に共感してみましょう。

「そうなんだね」「その気持ちわかるよ」「嬉しかったんだね」

また、こどもが〇〇できた!!と言ってきたら、肯定してあげましょう。

「よく出来たね」「良いね」「やりきる力が素晴らしいね」

後、最も自己肯定感が高まる声掛けとして、

「〇〇の事を愛しているよ」「大好きだよ」「大事な〇〇」

この上記の言葉+抱きしめる+キスをする+おんぶをする

はこどもの自己肯定感を高める言動です。

だって、あなたもこどもの時にして欲しかった言動じゃないですか?

やってもらった事がない!やりたくない!!違和感がある!!

そんな声も聞こえてきそうです。

でも、大丈夫!!だって、初めてする事は緊張するし、違和感があるものです。

だからこそ、あなたがお箸を持てた様に、あなたが自転車を乗った様に、

練習してみましょう。

ここまで読んで下さったあなたなら、きっと出来ますよ。

だって、こどもの事を愛しているから。

あなたがここまで読む行動を起こされているから。

きっと大丈夫です。

  

【お友だち募集Line@始めました。】

Line公式友達追加 30分無料相談プレゼント!!

あなたのお悩みを生い立ちから紐解きます。

ご興味ある方は、

line公式お友達登録後、『30分無料相談』とチャットからメッセージ下さいませ。zoomでの対応になります。