先日読み終えた 矢野惣一先生著

「癒やされながら夢が叶う!問題解決セラピー」

にある一文の言葉でした。

どういう事でしょうか?

ここからは矢野先生の言葉をお借りして進めながら、菅原が感じたことをまとめさせて頂きます。

これをお読みになった方が、本当の幸せとは何なのか?今感じておられないのであれば、見つめる機会になれば幸いです。

本当の幸せは笑顔と涙が同居している

目次

  1. 全てのものにはプラスとマイナスがある
  2. 人間世界にも当てはまる
  3. 本当の幸せとは?

 

1.全てのものにはプラスとマイナスがある

全てのものにはプラスとマイナスがある。

宇宙の物質全て原子で出来ており、原子は陽子(プラス)と電子(マイナス)で出来ており、

個数も必ず等しくなるように出来ています。

例えば電気エネルギーも、+極化から、−極へ流れる事で発生し、

+極だけ集まっても電気エネルギーは発生しません。

 

2.人間世界にも当てはまる

人間も同じく、明るい人が居れば、暗い人も居る。

富める人が増えると、その分貧しい人も増える。

家族で怒っている人が居たら、落ち着かそうとする人が出て、

犯罪が増えると、警察も増える。

全て陰陽のバランスがあるわけです。

 

では、このような場合はどうでしょう?

①夫がスーパーポジティブ(プラス)のビジネスマンで大成功している場合、痛み苦しみが分からず、その痛み苦しみ(マイナス)を家族が代わりに背負って家族に問題が生じる場合。

(※菅原家もそうでした。私が理想の家族、子育てを求めていく中で、妻の辛さ、疲れ、怒り、悲しみ、寂しさに全く共感できず、妻がそれを全部背負っていました。結果、妻から一緒に居る意味はない、別れたほうが良いと言われました。菅原は、何も分からず、家族の幸せのためと、自分の痛みや辛さに目を向けず、ただ前へと進んだ結果、大事なものに気づかなくなっていました。)

②逆に家族がネガティブのかたまりのような家庭環境で育った子どもは、スーパーポジティブになって、一家を一人で支えたりします。

私が勤めていた施設でもそうでした。ネガティブの塊の様な生い立ちをしているこどもが、自分の人生を変えたくて、必死に努力する姿を。自分の痛みに目を向けず、変わらなければ幸せになれないと。

①②どちらの場合も、幸せに向かっているつもりが、

自分or誰かが犠牲になっています。

それが本当の幸せとよべるのでしょうか?

 

③本当の幸せとは

人生の色々な辛いこと、悲しいこと、

嬉しいこと、楽しいこと、

それを全部受け止めて、光と影が合わさった時、

人は笑顔で涙を流すのです。

今、思えば菅原は泣ける結婚式の動画を沢山みます。

泣きたい方は、U-TUBEで検索してみて下さい。泣ける結婚式動画を。

泣ける結婚式動画。        ←クリックで動画見れます。

 

上記の動画の中でこんなエピソードがありました。

結婚式の披露宴、新郎新婦の生い立ちを劇団の子役たちが幼少期の新郎新婦を演じてくれます。

その中からワンシーン。

新婦役、母に向けて「まみの高校受験、お母さんからは合格圏内の家から近い高校を進められたけど、どうしても行きたい高校があって、まみの行きたい高校を受けさせたりってお父さんが言ってくれたんやてね。」

「結果は不合格やったって電話したけど、よう頑張ったやん気をつけて帰っておいでって言ってくれて、それでも怒られるんちゃうか?と思って帰ったら、よう帰ってきた。ショックでとびおりでもするんちゃうかって思ったって。せーへんよ」

「2年生になって6月に北海道に修学旅行に行って、帰りは駅までお父さんが迎えに来てくれたんやけど、なんか具合悪そうで、いつも2杯飲んでたお酒、台所に流してた。」

「7月7日、期末テスト中だったまみが早く帰ると、お母さんが、お父さん癌やって。年を越せるかもわからないって。」

「お母さんと頭真っ白になって泣きまくったよね。」

「病院に見舞いに行くと、車で送ってくれていたお父さんが歩けなくなって。」

「病院に泊まることになって、なんか胸騒ぎがして」

「初めて家族4人で病院に泊まった日の朝、

7月26日お父さんは天国へ旅立った。」

「いつもまみの味方で居てくれてありがとう。」

「いつもおかあさんと私を大切に育ててくれてありがとう。」

「こんなに大好きやのに、こんなに伝えたいことがあるのに言われへん。」

 

新郎・新婦の大学生活のエピソードの後、

新婦から母親への感謝の手紙をよみます。

 

菅原は涙涙でもう、声も出して泣きました。

でもね、寂しさも、悲しみも、辛さの中にも暖かさがあるんですよ。

 

それは、平坦でなく、厳しくて辛くて寂しい道だったけど、

夫婦で今こうして幸せな家族を築く時に、

お父さんの居ない寂しさと同時に、お父さんに対しての感謝の気持ちから

新婦は笑顔で涙を流していました。

 

菅原も結婚式の時、

妻よりも先に号泣してしまい、妻が泣けなかったというエピソードがあります。

仕事柄、親が居ない、

親に恵まれていないこども達を長年養育して来たこともあり、

ただただ親のありがたみを知り、そして感謝の言葉を伝える際に、

涙、涙、涙でした。

だから、

本当の幸せとは涙と笑顔が同居しているのだなと感じるのです。

 

あなたがもし、今幸せだと感じていないのなら、一度立ち止まってみませんか?

あなたがどんな人生を歩んで、どんな苦しみや辛さがあったとしても、

 

あなたが生きてきた人生は、あなたにしかない映画のワンシーンになるから。

 

【お友だち募集Line@始めました。】

Line@友達追加 無料性格診断プレゼント!!

あなたが人生と言う名の映画の主人公になるために、ご自身の事をよく知ってみませんか?

ご興味ある方は、

line@お友達登録後、『無料性格診断』とメッセージ下さいませ。

(※生年月日が必要になります)